のわい勢

I push french toast into the computer forcibly.

ユーザ用ツール

サイト用ツール


scp-3000-j-cel

SCP-3000-J-cel

SCP-3000 Noway People (のわい勢)

Object Class:safe

取扱方:

SCP-3000の全実体は、サイト██の標準人型収容セルに個別に収容されます。実験時を含め、レベル2以下の職員およびDクラスのみがSCP-3000に接触できます。
SCP-3000に対する原動機付装置、牡蠣、電子機器、人形の類を与えての実験は標準安全プロトコルに基づき、隔離障壁及び麻酔銃を携帯した警備員5名の配置が義務付けられます。
牡蠣を用いた実験を行う際には、Nakono博士の許可及び監視の元行われます。

概要:

SCP-3000は極東のとある島国の都市のエージェントにより謎の活動をする集団が報告されたことにより、発見されました。
オリジナルの判断は現在調査中であり、初期に発見された██人の個体を総称してSCP-3000と呼称します。
当初、SCP-3000は少数でしたが、何らかの海産物、及び人型の無機物等を媒体にし、急速に感染が進む事が確認され、████年██月██日に財団に保護されました。
感染が確認された対象はSCP-3000-Aとなり、同様の収容方法、取り扱いが求められます。
現在も保護対象のSCP-3000-Aが非保護下にあるとし、捜索及び調査が進められています。

scp-3000-j-cel.txt · 最終更新: 2015/02/21 19:30 by 123.226.206.104